ポラスガーデンヒルズが手掛けた
「住まう人への想い」

グッドデザインアイコン2020

グッドデザインアイコン2020

庭を「間」として発想

まちの間 南流山

デザイナー:⼯藤政希、松井孝治

庭を街や住まいを
構成する
「間」として発想する

概要

庭を敷地の余った部分ととらえるのではなく、街や住まいを構成する「間」として発想し、位置や装い、区切り方を工夫することで従来の配棟計画ではなかった庭での暮らしの心地よさを実現しました。

ボリュームを足したり引いたりしながら、隣同士の建物との配置をずらし、南側住戸の屋根には下屋をつくり、北側住戸が光を採り込めるよう計画。高木を配置し、風とともに自然を感じやすくした。隣同士の開口部の干渉を避けたり、お互いの視線にも配慮することで、つかず離れずの程よい距離感を生み出しています。

特徴

コンセプト つかずはなれずの
程よい距離感

隣棟が気になりにくい庭の配当計画
庭につながる窓をオープンにすると庭がもうひとつのリビングに
それぞれの家族が自由に庭を楽しむ
囲われた空間と空に向けた開放感
【ずらす】
それぞれの建物を一つのラインに揃えるのではなく、引いたり、あるいは出したり、敢えてずらすことなどによって、「間」としての空間となる庭が生まれます。
【仕切る】
隣棟の庭とは、仕切りを設けてプライバシーを確保しながらも、視線が隠れるギリギリの高さにすることで圧迫感を抑える工夫を施しました。その上で植栽を共有し借景とする外構設計が、街並みのつながりも創出。心地よい距離感をつくりあげています。
【程よい距離感】
プライベートな空間:道路との距離感もあり、囲われたテラスでゆっくり寛ぐことができる。
パブリックな時間:テラスから庭に出れば、お隣や通行人とのコミュニケーションも図れる。
審査員評価
住戸の配置を工夫して、プライバシーを守りながら居心地の良さそうな庭を実現させた点を評価した。庭が過ごしやすい場となることで、住む人が外で過ごす時間が増え、住民同士のコミュニケーションも増えることが期待できる。住宅の配置や形態にも多様性があり、画一的でない街並みを創出している。断面的にも庭に光が入りやすい工夫がされている点もよい。通りを歩くと、外で過ごす人々が垣間見える楽し気な住宅地になっている。
▲ページトップへ


家・庭・街の新しいカタチを創る
庭間(テーマ)のある家

デザイナー:安藤欣司・松井孝治

様々な段差を創り、寛ぎながら繋がる
街のアクティビティと個の安らぎの調和

概要

つくばエクスプレスを軸に都市開発が加速する流山市。区画整理が進む「流山セントラルパーク」エリアの駅徒歩4分の場所に開発された郊外型住宅地です。街のアクティビティを取り込みながらプライベート性を高めるために考えたのが、庭を構えるということです。通常、構えるというと、門を連想しますが、門を庭に置き換えることで、庭を中心として家と街に新たな意識の繋がりを生み出しました。庭部分のフレームや壁・天井の仕上げ、更にレベル(段差)や素材をコントロールすることで、家と庭の繋がりだけでなく、道路から家や庭へとたどり着くアプローチに路地を歩くような楽しみも創出しています。

ファサード HOUSE02
特徴

コンセプト寛ぎの「Living Garden」

【ファサード】
高低差のある敷地に対して、ボリューム感と解放感を取り入れたファサードデザインとし、壁が層状に連続していきながら街と繋がる路地的な情質感あるデザインでまとめることを心掛けました。素材は、温かみのある装いを持つ自然石やラスティック感あるクールな印象のタイルなどを配し、様々な表情を魅せながら黒のフレームラインが連続するゲートデザインで、街の入り口にふさわしいモニュメンタルな印象を追求しました。
【テラス】
高台にある立地を生かした開放的なガーデンステージを設計し、眺める楽しさを取り込んだデザインとなっています。道路からの視線とプライベート感を調整しつつ、程良い採光とテラスの楽しみを取り入れた、居心地感を大切にした庭空間を目指しました。床面の高低差や素材の組み合わせで動きのある面を構成し、非日常が感じられる、暮らしの幅が広がるデザイン提案を行いました。
外庭 HOUSE02
審査員評価
街路空間と住宅の間の境界部分を居場所化し、豊かな空間を創出していること、そして新しい風景へのポテンシャルが評価された。「庭間」は、外の部屋として生活の豊かさをもたらし、更に住み手の気配をそれとなく外部へ伝え、近隣との自然で気軽な交流を可能にする。このような工夫が連鎖していくことで、郊外住宅地は「顔の見える風景」を獲得するだろう。
▲ページトップへ


IoT住宅による街づくり

『北習志野「街×IoT」
プロジェクト』

(アドバンスドプレイス船橋・北習志野)

テーマ型のIoT住宅が集まり街単位で
快適性からレジリエンスを叶える
次世代型のコミュニティデザイン

概要

この「街×IoT」は、千葉県習志野台の団地跡地を開発する91邸の分譲住宅地「アドバンスドプレイス船橋・北習志野」において、事業者と住民との協働で暮らしのIoT化を進め、「住まいを自分たちに合わせる」システムを骨格とした街ぐるみの取り組みです。外から家を管理するシステムを導入し、より確実な防犯・防災を叶え、事業者の一元管理によるメンテナンスサービスを共通プラットフォームとして関連付け、住民一体となった家の健全性と街のレジリエンス性向上を目指しました。
分譲地を「フィンテック」「ヒーリング」「サードプレイス」をテーマとした3つの街区に分け、街区毎に特徴あるIoT設計とプランニングを掛け合せた新しいライフスタイル提案を行っています。91棟の大型分譲地で、住まいのIoT化を進めるのは、全国でも先導的な事例となります。

特徴

コンセプト 一歩先を行く未来の快適性。
人+家+地域が、IoTでつながる街

【IoT×住まい】
スマートフォンやタブレットを活用し、外部から家を一元管理するシステムを導入しました。外出先からも玄関ドアの施解錠やシャッターの開閉の管理、お風呂のお湯はり、床暖房の作動などが可能です。更に外出用や帰宅用など機器をまとめてコントロールすることもできます。帰宅時間に合わせてエアコンや設備を操作することで、省エネ化も図れます。
【3つの街区】
フィンテック街区(37棟)のテーマは「HEMS×コンシューマーサービス」。標準装備のHEMSと提携金融機関のローン相談やFPサービスとを連動させることで、永住にふさわしい安定した生活サポートがなされます。このIoT街づくりをスタートアップと位置付けた街区です。
ヒーリング街区(26棟)は、「健康(音×香・音×灯り)」がテーマで、IoT機器としてスピーカー付きダウンライトを標準装備。内装材には国産杉のオリジナルパネルを採用。天井からの心地よい音と香の他、デザインされた灯りによって癒しの空間を実現しています。
サードプレイス街区(28棟)は、「第三の居場所×スタディスペース」がテーマ。土間や中2階など各棟ごとにスタディリビングを設計し、Wi-Fiアクセスポイントを標準装備。在宅ワークなどの「自宅のサードプレイス化」も視野に入れています。
審査員評価
IoTを使ったコミュニティ形成は、成果が出るほど時間が経っていないという意味ではとても実験的な取り組みだ。このような規模の開発でチャレンジしていること自体に価値がある。いずれは、開発とセットではない地域づくりにも応用可能になると、なお素晴らしいと思う。一方で、せっかく街を作っているのに、フィジカルな部分に対してあまり言及がなく、風景としての豊かさに対してどのような思想をもつのか、より明らかにすべきであろう。

※こちらの現場は「株式会社中央住宅」「ポラスガーデンヒルズ株式会社」の合同現場です。

▲ページトップへ

外と中の境界がゆるやかに交わる
心地よい庭の回廊

庭廊(ニロ)の私邸

外と中の境界が、
ゆるやかに交わる心地よい庭の回廊
「都市の中に住む上で、
本当に住みやすい南接道の家とは
何か?」を、
建築・外構・メーカーが
三位一体となり、デザイン

概要

駅からほど近い閑静な住宅地に建てられた2棟分譲。2つの長方形が並んだような区割りのため、通常では居住の幅が狭くなり、全体の南側しか光や風が取り込めないが、この物件では2つの敷地の間に道路から奥のLDKまでつながる庭廊を配置。敷地全体は、その庭廊に沿ってゲート(カーポート)、和室、中庭、LDKとゾーニングすることによって、ゆとりのある居住空間を確保するとともに、自然景観とプライベート空間がゆるやかに融合した 、落ち着きのある空間を作り出しています。
この建築設計にあたっては、通常とは違い最初から外構を担当するエクステリアメーカーにも参加してもらい、デザイン事務所と当社の3社でコンセプトを共有。三位一体のコラボによって、建物と外構の一体的な設計を行ない、邸宅に相応しい品格のある外観、外構を作り出しています。

夜の庭廊
特徴

コンセプト閑静な住宅地に相応しい
大人シックな邸宅

4つのゾーンを
ゆるやかにつなぐ「庭廊」

2つの敷地にまたがるように「庭廊スペースを共有し合い、豊かさを共有し合う2邸の都市型分譲住宅。心安らぐ我が家に帰ると、自然の景観とプライベート空間がゆるやかに融合した「庭廊」を通り、居住空間へと辿りつく。そこには日本庭園を思わせる情景の庭と、落ち着きのある暮らしの間が共存する、豊かな時間が流れる私邸空間が広がっています。
2棟は、「中庭の邸」と「外庭の邸」にプランされており、前者にはリビングからそのまま出られる濡れ縁の中庭が備わっており、後者には中庭部分にテラスが備わっています。インテリアでは、前者にはリビングステップ、階段下カウンター、後者にはシースルー階段、階段下収納などが備わっています。

中庭
審査員評価
1つの敷地を分割し、複数の住宅を建てて分譲する手法は、ともすれば画一的で室内の効率優先になるが、ここでは道路からのアプローチ空間及び駐車スペース部分を、本体部分と調和した素材や色できめ細かく設えることにより、良好な外部空間が確保されている。隣り合う住棟は玄関や開口部の位置を互いにずらし、過度に閉鎖的になることなく巧みにプライバシーが確保されている点も評価したい。
▲ページトップへ